So-net無料ブログ作成

稔典さん絶好調 [まぶさび密誌]

俳人の坪内稔典さんが絶好調のようだ。
全句集も出し、エッセイ集『カバに会う』も出して、一段落かな、と思っていると、新句集『水のかたまり』(ふらんす堂)が届いた。
瀟洒な装幀に盛られた、すてきな句の数々。
カバの句も欠けてはいない。。

七月の水のかたまりだろうカバ
カバというかたまりがおり十二月

つぎの句のオノマトペーなど、この俳人ならではのもの。

るるるんもるるもるるるる星月夜

あれ、と思ったのは、哲学者の名前が出てくることだ。
デカルト、カント、ニーチェ、ウィトゲンシュタイン。。。
なかでも、つぎの句にひかれた。

デカメロンデカルトデルタ風光る
台風がいすわるウィトゲンシュタインも

この俳人の傑作「たんぽぽのぽぽのあたりが火事ですよ」を知る自称ブソニアンとしては、つぎの句も気になるところだ。

たんぽぽのぽぽの戻りの蕪村かな

「ぽぽの戻り」、たんぽぽの懐かしい光景と、永遠の懐かしさといった風情の蕪村とが重なり合う。
タグ:俳句
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

堅田に富士滝紫陽花の滝 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます